スキップしてメイン コンテンツに移動

USB3.0基板ライザーのUSBケーブル認識距離限界は?

基板ライザーとセットのUSBケーブルは60cmだ。

たまに30cmのセットがあるが、60cmでも取り回しがし辛いことがあるだろう。
質が悪いケーブルも存在するので、交換するなら、「何mまで認識するのか?」気になったので、さっそく実験してみた。

[!実験]

[OS]win7
[マザボ]P8Z68-V 
[グラボ]GTX980
[条件]NHminer1分間完走する。

[結果!]

20cm  ok
30cm  ok
60cm  ok
100cm ok
150cm  ok
200cm  ok
300cm  ok
500cm  x
延長ケーブル  x

最大3mまでは認識し、マイニングすることもできた。
新しくリグを作成する幅が拡がると思うので、参考にして頂けると思う。

コメント

人気の投稿

GPUのBIOSを入れ替えて性能アップ?[2017/10/28]

実はGPUのBIOS更新で素敵に性能が上がる!!つまりは、マザーボードのBIOSと同じように、後発のGPUのBIOSは販売ベンダーのチューニングが適切に行われているということだ。
どれだけ効果があるのか実験してみよう。
まずは、GPUのBIOSの入れ替えのやり方について順を追っていく。


マイニングで複数の電源ユニット連動するには?

マイニング機のDual電源のやり方 一般的な使い方では、不足することがないGPUの6Pinや8Pin(6+2)電源コード。
マイニングリグでは2つのATX電源を使うことが多い。  2つの電源を起動させる方法や連動させる方法をまとめた。

マイニング用にOS(Win10)の設定を決める!

Windowsの初期設定はマイニングには不向きだ。今回GPU認識上限(*最大16枚)が多いWindows10Proを用いてOSの設定の見直しを行う。