スキップしてメイン コンテンツに移動

[マイニング]マザーボードH110-D3Aを設定する(GIGABYTE)[2017/11/17]

マイニングマザーボードGIGABYTE製H110-D3Aの設定を行う!

~設定してみようシリーズ~

マイニングマザーボードに6枚のグラフィックカードを取り付けた際、6枚とも正常に認識されるにもかかわらず、OSのデバイスマネージャに表示されるのは 3〜4 枚のグラフィックカードに感嘆符(!)が表示されました。
当然のことながら、感嘆符(!)のついたカードはマイニングの間、正常に動作しません。
適切な設定を行うことにより、すべてのグラフィックカードでマイニングが可能になります。

今回は、GA-H110-D3ABIOS設定を行う!


手順

1..BIOSのアップデート

[注意!]書き換え処理中にシステムの電源を落としたり、USBドライブを抜いたりすると、BIOS に修復不可能なダメージを与えマザーボードが動作しなくなります。

2.BIOSの設定

当記事に記載します。





さっそく起動時に "Delete" を連打してBIOS設定画面へ。

わかりやすいように言語を "English" にしておきましょう。


(M.I.T / Miscellaneous Settings / Max Link Speed)項目へ進みます。


"Max Link Speed""Auto""Gen2"に設定する。(*必須)


OS:Windows10などUEFIでインストールするために(*必要に応じて)
"CSM Support""Disable" に設定する。


"Mining Mode" を "Enable" に設定する。(*必須)


(Peripherals / Initial Display Output) の設定を
"PCIe 1 Slot" から "IGFX" に変更する。(*必要に応じて)
[説明]これは映像出力をx16スロットからマザーボード背面の出力端子(オンボード)に変更する設定です。


"Above 4G Decoding" の設定を
"Disabled" から "Enabled" に変更する。(*必要に応じて)
[説明]複数GPU環境においてデバイスマネージャから感嘆符(!)を消すおまじない。

(Chipset / "Internal Graphics" ) の設定を
"Auto" から "Enabled" に変更します。(*必要に応じて)
[説明]内部グラフィックス(オンボード出力)の動作を自動/有効/無効に設定する項目。

設定はこれで終了!

あとはF10キーを押して保存して終了すると再起動するぞ!

(´ω`)「Windows10などは"UEFI"でインストールすることをお忘れなく!」


コメント

人気の投稿

GPUのBIOSを入れ替えて性能アップ?[2017/10/28]

実はGPUのBIOS更新で素敵に性能が上がる!!つまりは、マザーボードのBIOSと同じように、後発のGPUのBIOSは販売ベンダーのチューニングが適切に行われているということだ。
どれだけ効果があるのか実験してみよう。
まずは、GPUのBIOSの入れ替えのやり方について順を追っていく。


マイニング用にOS(Win10)の設定を決める!

Windowsの初期設定はマイニングには不向きだ。今回GPU認識上限(*最大16枚)が多いWindows10Proを用いてOSの設定の見直しを行う。

マイニングで複数の電源ユニット連動するには?

マイニング機のDual電源のやり方 一般的な使い方では、不足することがないGPUの6Pinや8Pin(6+2)電源コード。
マイニングリグでは2つのATX電源を使うことが多い。  2つの電源を起動させる方法や連動させる方法をまとめた。