スキップしてメイン コンテンツに移動

[レビュー]海外の怪しい格安SSDを買った。[2017/12/1]

格安な中華SSDは使えるか!?

マイニングOSには、「ethOS」というものがある。

実容量は7G程度しか食わないため、低用量のUSBメモリやSSDで稼働できると見込んだ。

そこで今回、ノリだけポチった商品がコレ。

記事では、ベンチマークも実施しています。
よければご覧ください。



受け取りましたのでさっそく…

開封の儀!

気の迷いで5個も発注かけていました。

中はぷちぷちに包まれていて、
さらに静電気防止袋に梱包されている仕様。


ベンチマーク実施!

さっそくWindows10pro x64テスト機にぶち込みベンチマークテストを実施。

比較用にコレがHITACHI_500G_7200RPMのHDD結果。

そして下図が中華SSDのベンチマーク結果だ!
(´・ω・`)「微妙…。」


せっかくなので、中身をばらして見てみると
まぁ予想してたけど、”スッカスカ!!”


(´ω`)「USBメモリで発熱気にするよりもいいと思う。」

コメント

人気の投稿

GPUのBIOSを入れ替えて性能アップ?[2017/10/28]

実はGPUのBIOS更新で素敵に性能が上がる!!つまりは、マザーボードのBIOSと同じように、後発のGPUのBIOSは販売ベンダーのチューニングが適切に行われているということだ。
どれだけ効果があるのか実験してみよう。
まずは、GPUのBIOSの入れ替えのやり方について順を追っていく。


マイニング用にOS(Win10)の設定を決める!

Windowsの初期設定はマイニングには不向きだ。今回GPU認識上限(*最大16枚)が多いWindows10Proを用いてOSの設定の見直しを行う。

マイニングで複数の電源ユニット連動するには?

マイニング機のDual電源のやり方 一般的な使い方では、不足することがないGPUの6Pinや8Pin(6+2)電源コード。
マイニングリグでは2つのATX電源を使うことが多い。  2つの電源を起動させる方法や連動させる方法をまとめた。