スキップしてメイン コンテンツに移動

[メモ]Nvidia Pシリーズのざっくりとしたまとめ。P102-100/P104-100/P106-100/P106-090[2018/7/5]

マイニング用として映像出力がないグラボがある。

Nvidiaのチップ名称で「P10x」というものだ。
(通常のグラボなら”G”P102などになる)

ざっくりと性能がどれくらいかというと、以下の通りである。







シリーズ名:ベースチップ名:ハッシュレート(ETH)



  • P106-090=GTX1060_3GB=22~24MH/s
  • P106-100=GTX1060_6GB=24~26MH/s
  • P104-100=GTX1070/GTX1080*=38~41MH/s
  • P102-100=GTX1080Ti=46~48MH/s

*P104-100に限ってGDDR5とGDDR5Xが混在している。
(GTX1070とGTX1080ベースでメモリチップが異なるため。)




P106-090:外装ファン数:PCIE給電PIN数 =GTX1060_3GB

  • Inno3D single fan 6P
  • Inno3D dual fan 6P
  • Manli dual fan 6P



P106-100:外装ファン数:PCIE給電PIN数 =GTX1060_6GB

  • Asus dual fan 6P
  • Colorful dual fan 6P
  • Gainward dual fan 6P
  • Galaxy dual fan 6P
  • Gigabyte dual fan 6P
  • Inno3D single fan 6P
  • Inno3D dual fan 6P
  • Manli dual fan  6P
  • MSi dual fan 6P
  • Palit dual fan 6P
  • Zotac dual fan 6P




P104-100:外装ファン数:PCIE給電PIN数 =GTX1070/GTX1080*

  • Asus dual fan 8P
  • AsRock --
  • Colorful triple fan 8+8P(8+6Pも確認)
  • Galaxy dual fan 6P(8Pの可能性有)
  • Gigabyte triple fan 8P
  • Inno3D dual fan 8P
  • Msi dual fan 8+6P
  • Palit dual fan 8P
  • Zotac dual fan 6P




P102-100:外装ファン数:PCIE給電PIN数 =GTX1080Ti

  • Nvidia (ヒートシンクのみ) 8Px2
  • Inno3D dual fan 8Px2
  • Zotac dual fan 8Px2




見分け方(簡易)

  • Inno3DとZotacは2連ファン外装がほぼ同じ。
  • Galaxyは玄人志向と同じ2連ファン外装 GTX1060=P106-100
  • GigabyteとColorfulは3連ファン装備
  • PalitとMsiはおなじみの2連ファン装備




(´ω`)「次回、Pシリーズ仕入・ベンチマーク・販路開拓ッ!」


なにかあれば下の「コメントの投稿」より

コメント

人気の投稿

GPUのBIOSを入れ替えて性能アップ?[2017/10/28]

実はGPUのBIOS更新で素敵に性能が上がる!!つまりは、マザーボードのBIOSと同じように、後発のGPUのBIOSは販売ベンダーのチューニングが適切に行われているということだ。
どれだけ効果があるのか実験してみよう。
まずは、GPUのBIOSの入れ替えのやり方について順を追っていく。


マイニング用にOS(Win10)の設定を決める!

Windowsの初期設定はマイニングには不向きだ。今回GPU認識上限(*最大16枚)が多いWindows10Proを用いてOSの設定の見直しを行う。

マイニングで複数の電源ユニット連動するには?

マイニング機のDual電源のやり方 一般的な使い方では、不足することがないGPUの6Pinや8Pin(6+2)電源コード。
マイニングリグでは2つのATX電源を使うことが多い。  2つの電源を起動させる方法や連動させる方法をまとめた。